丸山咬合療法とは? :噛みあわせ

どういった症状が改善・消失するか
不定愁訴と言われる様ないろいろな症状からありとあらゆる症状が改善消失します。

例えて言えば、頭痛、首筋のこり、肩こり、背中の痛み、四十肩、五十肩、腰痛、目のかすみ、アトピー性皮膚炎、花粉症、手足のしびれや冷え、便秘、下痢、生理痛、生理不順、うつなど。

それに、アゴずれにより顔のゆがみも良くなるようにします。

考案者は?それに、どのよう確立した治療法なのか

考案者は大阪大学名誉教授・歯学博士丸山剛郎。大阪大学歯学部教授時代を通じて、長期間に及ぶ多くの研究と臨床から、ここで紹介した原因が噛みあわせ(咬合)の異変であると考え至り、その理論、診査、診断、更に治療法を考案しました。

それ以上に、日本咬合臨床研究所の全国にあるセンターや研修会での歯医者師や患者さんとの関わりと臨床経験などから確立した咬合理論を“全身健康咬合”と命名し、そのことを臨床、診査、診断に活かす治療法として“丸山咬合療法”を完成させました。

ここで紹介した症状に向けたこれまでの治療法とその結果

ここまで、今お話ししたような症状をもつ患者さんの多くは、整形外科、神経科、耳鼻科、心療内科、整体師などを訪問しることが多く、だけども、思うような結果が得られないばかりでなく、“異様なし”、“原因がわからない”とされたり、“更年期障害”、“自律神経失調症”などと診断され手が付けられずに放置されてきています。

丸山咬合療法とはどう実施されるのか?
診査、診断、治療の順番は次の通りです。

1. 患者さんの全身健康調査票から顎のずれが全身の健康にどういった影響を与えているかを診査、診断する。
2. 全身健康調査票に基づき、全身状況を診断する。
3. 全身の健康に良い下顎の大事な部分を診査、診断する。
4. 下顎位矯正装置、MPA-マンディブラーポジショニングアプライアンスを製作し、取り付ける。
5. MPAは装着後、ほとんど月に1回調節を行う。
6. 治療は平均約6ヶ月~12ヶ月で完了する。

丸山咬合療法を受けた患者さんの反応
この治療を受けた患者さんからは、「これは奇跡だ、魔法だ」とかいろいろな感想が寄せられています。

長年多種多彩な治してもらってきたのに一向に良くならず、藁をもつかむ気持ちで丸山咬合療法の診断を受けに来た、という患者さんも多くいらっしゃいます。

更に、そんな患者さんを悩ませていた症状が顎のずれを直すだけで消えていっています。

長年苦しまされてきたいろいろな症状から開放され、毎日健康に明るく幸せに暮らしている患者さんから私達は大きな喜びをもらっています。

プラークコントロールと聞くと、毎日の歯のブラッシングを思い浮かべる人の方が大多数だと予想しますが、実際はその他にもいろいろなプラークコントロールの方法があると考えられています。
それは顎を動かすと、耳の傍にある顎関節にカクカクと異音がするもので、顎関節症の症状ではすこぶる頻繁に出現し、ことになり始めの時に頻繁に発生している顎関節症の現象です。
診療機材という物のハード面については、現代社会から求められる、歯科医師による訪問歯科診療の責任を果たすことが可能なレベルに来ているということが言えるでしょう。
キシリトールの成分にはむし歯を止める効能が確認されたとの研究発表がなされ、その後、日本を始めとする世界中で精力的に研究がなされました。
入歯という人工的なものに対して思い描く心象や偏った考えは、自身の歯牙で噛んだときの使用感と比較するがために、意図せず大きくなっていってしまうと考えられます。

歯周組織復活のために、エムドゲイン治療法はすごく効き目のある手段なのですが、それでさえ、まったく問題のない組織再生を感じられる保障はないのです。
口の臭いを和らげる作用があるドリンクに、名前があがるのはコーヒーですが、たくさん飲みすぎると口のなかがカラカラに乾いてしまい、悪いことに嫌な口臭の要因となってしまうことが公表されています。
口中が乾燥するドライマウスは、ストレスが発端でなる症例もよくあるので、更に今からの時代には、働き盛りの年代の男性にも症状が出る危険性はかなりあるのです。
乳歯は永久歯に比べると、歯の象牙質やエナメル質等の分厚さがおよそ半分くらいしかありません。更に言えるのは再石灰化の機能も弱いので、むし歯の細菌にあっという間に溶解されてしまうのです。
良く知られているように口内にある唾液は、いかにも酸っぱそうな物や、おいしそうな食べ物を目にするだけで自然に分泌されるのですが、以外なことにムシ歯や歯周病などのを抑制するのに効果的なのがこの唾なのです。

ムシ歯がきっかけとなっている知覚過敏は、ムシ歯がずい分激化していると見做され、ずきずきとした痛さも続きますが、違う場合は、長続きしない徴候で片付くでしょう。
仮歯を付けてみると、容姿がいい感じで、会話や食事においても悩むことがありません。更に仮歯がある事により、処置途中の歯がダメージを受けたり、歯列が乱れたりする事がありません。
歯科技工士が作った歯の剥離が簡単だということは、年齢を重ねるにつれて変貌する口腔内とアゴのシチェーションに合う形で、整備が実行できるということです。
数が少ない口腔外科は、その特色として、顎口腔機能の処置を焦点に置いているので、内科的な処置や精神的なストレス障害などにいたるほど、診る範囲は多方面で内在するのです。
カリソルブというのは、簡単に言い換えると「科学技術で虫歯の病巣だけを溶かす作用のあるお薬」です。その施術中、虫歯以外の歯の所には何も被害のない安心して使える薬です。