無痛治療

無痛治療

「歯科医さんは痛いからどうも苦手で…」
ほぼの歯科医院に対して今お話ししたようなイメージを抱いている方はいっぱいいるでしょう。

最先端の医療機器と技術、更に患者さん一人ひとりへの適正な誠意と思いやりを持って「痛い」というイメージ覆すべく、無痛治療を実現させています。「インプラント 大阪」と検索して名医を探しているなら、梅田駅より電車で15分前後で扉にたどり着ける大阪心斎橋近辺のミント歯科歯科が一番お勧めできる歯医者さんです。

その最重要課題は、充分に時間を取った麻酔処理です。

歯科医さんに対しては恐怖心の強い子供さんだけじゃなく、大人でも「苦手」と考えられている方が多い様です。

表面麻酔薬(麻酔薬を体温に近く温存する保温器・電動注射器)などを使用して、患者さんにとって気持ちの良い無痛治療を行っております。歯科医さんに苦手意識のある方もお気軽にご相談ください。ホワイトニング治療の前には必ずカウンセリングを受けることをお勧めします。自身の治療内容を確認してからの治療が納得の治療に結びつきます。

無痛治療を行うために、まず表面麻酔薬を麻酔を打つ個所に付けてから麻酔の針を挿入します。
針を刺す際のチクッという痛みを表面麻酔の効果により防ぐことができます。

◆麻酔薬を適温に温める

無痛治療を行うにあたって、麻酔薬の液が冷たい場合、体内との温度差により麻酔の液が入ってきたと体が敏感に反応してしまいます。

麻酔薬を体内に注入する際の刺激を軽減すために、麻酔薬を体温と同等に温めています。

◆細い針を用いる

無痛治療を行うために一番細いサイズの注射針(33G(ゲージ))を使っています。

◆電動麻酔注射器

無痛治療を行うには、一定の速度で徐々に麻酔薬を注入しなければ駄目です。
一気に麻酔薬を注入すると、痛みを発することがあることが理由です。

そんなわけで無痛治療を行うため電動麻酔注射器を使っています。

◆無痛治療

【低速だから痛くない】
電動麻酔注射器は超低速で麻酔を注入できます。
電動のため一定した速度での注入が可能な上に、細い針を使っているためこれまでに比較して痛みが大きく軽減されています。

いつ麻酔されたのか判定出来ないほどです。
昨今「麻酔は痛い」というイメージは、オーラスターによって払拭されています。「注射器っぽくない」「外見が怖くない」といった声が多くの患者さんの感想です。

◆アネジェクト

【世界初、コンピュータ制御】
コードレス電動麻酔注射器(コンピュータ制御の)です。コンピュータ制御により3段階の注入速度を実現したため、より患者さんに応じた痛みを取り除いた最良な麻酔が行えます。安心して歯科治療を受けるためには、事前に担当の歯科医師としっかりとコミュニケーションをとることです。不明な点は遠慮せず質問しましょう。

それに、世界最小サイズ!の33Gサイズの超極細針を使っているため、注射時の痛みもほぼありません。

◆ハリケインゲル

【安全性と効果抜群の表面麻酔剤】
麻酔薬注射の前に局所表面麻酔剤(患部の歯茎の表面を麻痺出来るようになるようにするため)を塗ります

成分はアミノ安息香酸エチルを20%含んでおり、口腔内の粘膜の末梢知覚神経を麻痺させ、痛みを和らげる働きを持っています。

歯に付着してしまう歯石は、プラークとは異なり硬いであるが故に、歯ブラシでの歯磨きでかき取ることが厳しくなるばかりか、心地よい細菌の集まる住居となり、歯周病を招き入れます。
永久歯に比べて乳歯は、エナメル質や象牙質などの厚みがおよそ半分程度しかないのです。なおさら再石灰化の機能も強くないので、虫歯の細菌にあっさり溶かされます。
歯周病やムシ歯が痛み始めてからいつも行っている歯科医院に行く人が、大多数だと思いますが、予防のケアのためにいつもお世話になっているデンタルクリニックに診察してもらうのが現に理想の姿でしょう。
歯を白くするホワイトニング処置を受けないケースであっても、歯にできている亀裂をほったらかしにしておくと、象牙質が壊れ、周囲の冷たい空気や冷たい食物が触れる度に痛みを感じることが残念なことにあるのです。
外科処置を行う口腔外科という所は、むし歯や歯槽膿漏更には入れ歯等の治療だけにとどまらず、他にも口のなかに現れてしまう多様な異常に応じた歯科診療科だと言えます。

虫歯が主因の知覚過敏は、ムシ歯がずい分病状が深刻化していると推察され、ずきずきとした痛みも続いてしまいますが、そうではない際は、短期的な痛みで終わるでしょう。
歯周組織回復のために、エムドゲインの利用はものすごく有能な手段ですが、しかし、非のつけどころのない組織再生を感じる保障はできません。
キシリトール内の成分には虫歯を止める効能があるといわれた研究結果が発表され、それ以来、日本をはじめ世界中で非常に積極的に研究がなされました。
歯科衛生士による在宅医療において要求されるのは、最初に患者の口の中を掃除してきれいにすることです。口内が汚れている状態のままだと、細菌が繁殖している歯のカスそのものを飲み下す可能性があります。
大人と同様、子供にできる口角炎もさまざまな素因が存在します。一際目立つのは、偏食によるものと細菌に分けられるようです。

審美歯科治療の処置で、汎用のセラミックを用いるには、例えば継ぎ歯の入れ替え等が処置法としてありますが、詰物としても一般的にセラミックを用いることができるようです。
唾液自体は、口の中の掃除屋さんとも考えられる程に大切な役割を担っていますが、その唾液の量が減ってしまえば、口のニオイが気になるのは、不自然ではないと言われています。
歯の噛み合わせの障害は、不快な顎関節症の一因ではあるとされているものの、それとは違った遠因が確実に存在すると言われるように変わってきたそうです。
インプラント実施による長所は、入れ歯の問題点を補うことや、元々持っていた歯と同じような状態にすることや、インプラント以外の周辺の歯を守ることなどが代表例です。
長々と歯を酷使していると、歯の表面のエナメル質は気付かない内に傷んでしまって弱くなるので、なかに存在する象牙質の持つ色が密かに透けるのです。